MS-DOS互換OS「FreeDOS」生誕15周年

user-pic
0

ソース:MS-DOS互換のオープンソース実装「FreeDOS」、誕生から15年 (マイコミジャーナル)

 FreeDOSとは、WindowsカーネルのNTカーネル移行に伴って実質的に引退したMicrosoftのオペレーションシステム、MS-DOS互換のオープンソースOSとして今なお開発が進んでいるOSです。
 プロジェクト発足は、MS-DOS 7.xベースのWindows95登場が2ヶ月後に迫る1994年6月28日で、現行の最新ヴァージョンは2006年9月3日公開のヴァージョン1.0。先の2009年6月28日をもって、このFreeDOSが生誕15周年を迎えたということになります。
 1994年というと、NEC PC-9821の末期モデルとなるXメイトシリーズがお目見えした頃ですね。2個1、3個1でそれこそPC/AT互換機ばりの魔改造を施し、ゲタを次々と潰してはクロックアップに血道をあげた熱い時代はもう少し後のことです。
 なお、ヴァージョンこそ少々古いですが、NEC PC-9800シリーズ向けにとり氏が移植したFreeDOS(98)も存在します。[配布サイト]

FD98.jpg
FreeDOS(98)起動画面(with Neko Project 21)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://retropc.net/weblog/mt-tb.cgi/22

このブログ記事について

このページは、RetroPC.NETが2009年6月30日 20:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「備忘・今日は何の日?」です。

次のブログ記事は「レトロPC倉庫作業」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。