「ファルコム音楽フリー宣言」ですって!?

user-pic
0

ソース:ファルコム音楽フリー宣言(ファルコム)

20090605_xanadu.gif ちょっと忙しくなると途端に更新の止まるRetroPC.NETです。今日は、プレミアムMSXさんにわざわざコメントを投稿して自分にプレッシャーをかけた上での更新となります。すっかりナマってますね。
 さて、タイトルの話題です。
「ゲームミュージック」という音楽ジャンルが確立される上で、おそろしく重要な役割を果たした日本ファルコム。その20年以上に渡る音楽資産が、何と「フリー」になりました。
 詳しくは、サイト上に掲げられている楽曲利用規約をごらんいただくとして、例えばこんな場合にファルコム作品の音楽を使用可能になりました。

・ピアノの演奏会でファルコムの楽曲を演奏したい
・バンドのライブで演奏したい
・結婚式のBGMに使いたい
・文化祭の演劇で使いたい
・ラジオ番組のBGMに使いたい
・テレビCMの曲として使いたい
・イベントやプレゼンのBGMとして使いたい
(以上、リンク先のページより)

 規約を確認したところ、基本的には「ゲームミュージック」ということで、実際のゲーム中に使用されている音楽が対象になっているようですが、例えばCD収録のアレンジ曲などはどのようになっているのでしょうか。例えば、超プレミア盤となっている『ALL OVER XANADU』のような......。近々、確認した上でRetroPC.NETにて報告します!
 なお、ファルコムから過去に発売された音楽CDはこちらのページに掲載されています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://retropc.net/weblog/mt-tb.cgi/13

このブログ記事について

このページは、RetroPC.NETが2009年6月 5日 15:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「特集:ピンクパージ・ヒストリー 第2回」です。

次のブログ記事は「コンテンツのみならず、開発機材やソフトの保存も」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。