CompuServe、40年の歴史に終止符

user-pic
0

ソース:1986年よりニフティ株式会社が日本代理店としてサービス提供してまいりました CompuServe Version4(CompuServe Classic)は、2009年6月末をもってサービス終了いたしました。 (CompuServe)

 今から40年前、アメリカで開設された草創期のパソコン通信局「Compu Serve(現在はCompu Serve Classic)」が、この7月1日をもってサービスを終了したとのことです。

compuserve.jpg

 CompuServeは、「Compu-Serve Network」として1969年に開設され、その後、「CompuServe Information Service」など幾度かサービス名を変えながら、1997年9月にAOL(America Online)傘下になるまでの間、AOLと会員数を二分した90年代最大手のインターネット接続プロバイダでもありました。
 富士通系列(富士通と日商岩井の合弁企業)のニフティ株式会社が運営していたNIFTY-Serveは、元々、Compu Serveの日本版として設立されたもので、NIFTY-Serve経由でCompu Serveに接続することができました。
 また、特許問題で不穏な空気が流れた一時期を除き、WEB上で利用される256色以下の画像ファイルフォーマットのスタンダードになっているGIF(Graphics Interchange Format)はCompu Serve内のフォーラムにおいて開発され、数多くのユーザに浸透したフォーマットでした。(Wikipediaの「GIF」の項目で「CompuServeが開発した」になっているのはどうかと。<Wikipedia嫌い)
 残念ながら、管理人@RetroPC.NETがCompu Serveのお世話になる機会はありませんでしたが、またひとつ、コンピュータ文化を支えた文化遺産ともいうべき古いサービスが消えていくことに、心から哀悼の意を評します。

関連記事:
CompuServe Classicがサービス終了 (CNET Japan)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://retropc.net/weblog/mt-tb.cgi/28

このブログ記事について

このページは、RetroPC.NETが2009年7月 9日 22:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコニコカフェ Vol.2 にてファルコムゲー実機プレイ&演奏」です。

次のブログ記事は「文化庁が国立(中略)センター(仮)についてアイディア募集中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。