秋葉原ラジオ会館、建て替えへ

user-pic
0

ソース:ラジオ会館建て替えへ 来夏めど閉館(東京新聞)

 JR秋葉原駅電気街口駅前にそびえる秋葉原ラジオ会館が、老朽化に伴いいったん閉館することが決まったようです。現行の耐震基準を満たしていないことからかねて東京都から指導を受けていたということで、安全確保の観点から所有会社側が改築を決断。今回の急な発表になったとのこと。
 今年で築48年を迎えたラジオ会館は、秋葉原最初の高層ビルとして1962年に建設されました。以来、家電、オーディオ、パソコンなどの店舗が入れ替わり立ち替わり入店し、秋葉原の変遷と共にその装いを変えてきた文字通りの「顔」でした。
 日本最初のマイコンショップとも言えるNECのBit-INN東京は1976年、ラジオ会館に開店しました。Bit-INNは2001年夏になくなりましたが、現在でもこのビルの7Fの壁には「パーソナルコンピュータ発祥の地」というプレートが飾られています。
 筆者的には、ラジオ会館の5階に入っていた富士通のサポートショップ、富士通スカイラブが思い出の店舗でした。『Oh!FM』の書店購読を始めたのが確か1985年頃。それ以前のバックナンバーを、富士通スカイラブに足繁く通って買い揃えたのでした。
 秋葉原のオタクカルチャー化に伴い、フィギュアやトレーディングカードのショップが数多く入店し、往時とは大分様子が変わりはしましたが、3Fに入っているK-BOOKSを時折利用するため、今でもちょくちょくラジオ会館に足を運びます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://retropc.net/weblog/mt-tb.cgi/46

このブログ記事について

このページは、RetroPC.NETが2010年9月24日 08:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CEDEC AWARDS 2010受賞に「ベーマガ」」です。

次のブログ記事は「2010年の聖夜に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。