明日から! 六本木ヒルズで誕生25周年記念ドラゴンクエスト展

user-pic
0

関連リンク:誕生25周年記念ドラゴンクエスト展

 1986年5月に発売された『ドラゴンクエスト』の25周年を記念して、同シリーズの歴史を振り返るという主旨の企画展「誕生25周年記念ドラゴンクエスト展」が、10月8日(土)より六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーにて開催されます。
 ゲームデザイン、シナリオを担当した堀井雄二氏は、1983年の第一回ゲームホビープログラムコンテストに応募した『ラブマッチテニス』で入賞を果たし、『ドラクエ』以前に『ポートピア連続殺人事件』(エニックス)、『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』(アスキー)などの作品で注目を集めていたパソコン畑の出身--なんてことは今更書きたてるまでもありませんね。
『ドラクエ』の発売当時、パソコンソフト界には一足先にRPGの春が到来し、『ドラゴンスレイヤー(厳密に言えば『ザナドゥ』)』『ハイドライド』『夢幻の心臓』の御三家がランキング上位を独占していました。筋金入りのパソコンゲーマー的には、『ドラクエ』シリーズの隆盛は半ば苦々しく、半ば興味深いものではありました。MSXに移植された際には、今や伝説になっている「あぶないみずぎ」の画像が追加されたりもしましたね。

abunai.jpg
イロイロな意味であぶないみずぎ

 企画展の方にお話を戻しますと、ドラゴンクエスト展には「歴史の洞窟」と銘打たれた「『ドラゴンクエスト』ができるまでを振り返る」コーナーが設けられているようでして、このあたりが実にクサいです。いつも元気なPC-6001ユーザあたりが狂喜乱舞するような展示物が混ざり込んでいる予感がぷんぷんします。
 と、申しますか。管理人@RetroPC.NETも例によって若干数の資料を提供しておりまして、たぶん、このへんに......。
 ちなみに、管理人@RetroPC.NETは筋金入りのPCゲーマーだったので、『ドラゴンクエスト』シリーズで触ったのは2作目まで。加えて1作目、2作目共にクリアしておりません。ゲームライター的にそろそろ抑えておかねばなあとは常々思っているのですが、そのためにはまず『アカラベス』からやり直さないと、とか本気で考えている今日この頃。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://retropc.net/weblog/mt-tb.cgi/74

このブログ記事について

このページは、RetroPC.NETが2011年10月 7日 17:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Godspeed you, Steve.」です。

次のブログ記事は「「チャンレンジ!! アドベンチャーゲーム」本日22時から!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。