トピック: 2009年5月アーカイブ

 これまた大分古いネタですが--2008年の『週刊少年ジャンプ』NO.51(12月1日号)掲載の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、「忍者になりたいの巻」にMSXが登場。食事に入った定食屋で偶然発見しましたので、ネタとして取り上げます。

20090531msx.jpg
秋本治『こちら葛飾区亀有公園前派出所』より

 MSXのエピソードというよりは、ステルスゲームジャンルについて説明するくだりで、『メタルギア』のプラットフォームとしてMSXについて触れられたという流れですが、注目すべきは中川圭一巡査による説明中のこの部分。

1983年にMSXというゲーム機が発売されました。ファミコンが発売される以前の話です。MSXは今に比べると性能が低いので、対戦ゲームの開発は苦労が多かったのです。そこで対戦しないまるで反対の発想のゲームをMSX2で発表しました。それが『メタルギア』です!

「対戦ゲームを開発するのが性能的に困難なので、対戦しないゲームを作った」とはまた斬新な歴史解釈ですが、それはさておき。西和彦氏はじめ関係者は強く否定するとはいえ、世間的には「MSXはゲーム機」という認識が強いのだなと改めて思い至った次第。
 こうした認識の底にあるのは、MSXをはじめとする「ホームコンピュータ」と呼ばれる廉価パソコンが家電製品として流通したと同時に、「TVゲーム」製品としておもちゃ屋で販売されていたことが手伝っているのでしょう。

 行って見て触って......は、いませんが(何しろケースの中です)、T-ZONE. PC DIY SHOPにて展示中のT-ZONEオリジナル改造マシン、Xeon-x68k改を早速見物に行ってきました。

20090530xeon01.jpg  20090530xeon02.jpg  20090530xeon03.jpg

 昔のRetroPC.NETであれば、入魂の改造を行った店員M氏にその場でインタビューしてみたり、ショーケースから出してみて欲しいと頼み込んだりしたような気も致しますが、なにぶん、リハビリ中ということで今回はちょちょっと遠慮気味。
 それにしても、見れば見るほど欲しいですよ。高速電脳の折のように後日販売されないものか!

 2009年4月1日をもってようやく更新再開とか宣言しながら、その後、2ヶ月近くに渡って放置状態だったRetroPC.NET。当面の目標は、休業前には常態だった「毎日更新」の再開ということで、それなりにストックしていた話題の中からちまちま小出しにしていきます。

 毎年、インターネット上が大いに賑わうエイプリルフール。数が少なくなったとはいえ、毎年、どこかしらがレトロPC関連のネタを投下する会社があるものです。
 今年の場合は、WEB上の電化製品の価格情報をピックアップし、閲覧者に激安情報を提供している激安★超特価商店街SHARPのMZ-80K 半完成品セミキットが198000円という情報(ただし、掲載時点で完売表示)が トップページに掲載されました。

20090529april.jpg  

 記事に曰く--。

カソードレイチューブの専用ディスプレイと、コンパクトカセットテープでシーケンシャルデータ転送を実現するデータストレージデバイスを搭載した、個人向けクリーンコンピュータ。ROMによるインタプリタ言語やOSの搭載を敢えて廃することで、最新オペレーティングシステムなどの導入など、柔軟性に富んだ運用が可能。持ち運びにも便利な一体型で、ユーザーによる組み立て式を採用することで、類を見ない圧倒的な低価格化も実現した。サードパーティによるプログラマブル・キャラクタ・ジェネレータを併用すれば、業務用並みの超高精細ゲームを楽しむことができる、本格的エンタテイメントマシンに変貌する。

 昨今のオークション相場で考えると198000円というのはちと高めですが、それはそれとして「欲しい!」と反射的に思った方が少なくなかったことでしょう。

ソース:X68000筺体のデュアルXeon PCが展示 T-ZONEオリジナル改造品(AKIBA PC Hotline!)

 5月23日(土)に開催されたイベント「16Thread de Intel Xeon プロセッサーの宴」に出店していたT-ZONE. PC DIY SHOPのブースにて、X68000のツインタワー筐体を使ったデュアルXeon PCが展示されていたとのことです。当日、Twitter経由で話が聞こえてきてはいたのですが、なにぶん〆を抱えていたので見に行けませんでした。とほほ。
 見たところ、筐体として用いられたのは初代(CZ-600C)のBK(ブラック)モデルでしょうか。リンク先の記事によれば、ショップの人間がオークションにて入手した故障品を使ったということです。
 X68000のツインタワー筐体をAT互換機として再生する試みについてはこれまでにも様々な形で実践されてきましたが、今回お目見えした機体が現時点で「最強・最速」のモデルであることについては疑いようもありません。
 このT-ZONEオリジナル改造マシンは、日曜日までT-ZONE. PC DIY SHOPにて展示されているとのこと。何とか時間を作って見に行きたいと考えています。
 ちなみに、今はなき高速電脳製のX26000ですが、管理人@RetroPC.NETの所属する会社のWEBサーバとして数年間稼動した後、お役目をまっとうして退役しました。先ごろ開催されたオリゲー・フェスタ☆68に展示品として貸し出しというお話もありましたが、受け渡しのタイミングが合わずまたの機会ということになりました。

このアーカイブについて

このページには、2009年5月以降に書かれたブログ記事のうちトピックカテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブはトピック: 2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。