箱絵に浮かぶ「地球」

 シンボルマークというほど固定的ではないんですが、MZシリーズの箱には伝統的に雲が渦巻く地球の絵が描かれてきました。実はその雲のパターンがひとつではないということ、ご存じでしたか?

 かく言う私も最近知りました。パターンが変更された理由を推察できるものはほとんどないのですが、ふと興味が湧いてどんな地球がどの製品に使われたのかまとめたくなりました。

 それぞれのパターンの絵と、その絵を採用している製品を表にしてあります。所有している箱の他、ネットで拾った写真を参考にしています。製品がたくさんありますのでまだまだカバーしきれておりません。追加や間違いを教えていただけると幸いです。

パターンA

 箱絵の印象が強いとつい忘れがちですが、実は一番最初に地球の絵が描かれたのはMZ-80K/C用DISK BASICのSP-6010のマニュアルです。このマニュアルに限ってはいろいろと異例で、ハードカバーだったり、表紙裏にマスターディスクが袋入りで貼り付けてあったりなど以後の製品(輸出版を除く)にはない特徴があります。

ソフト
SP-6010 SP-6115

 また背景のLSIの顕微鏡写真のようなマスクパターンのような絵も既にあります。ちなみにLSIの絵はもっと以前、MZ-40Kの箱に既に採用されていました。コンピュータ時代におけるありがちなイメージといえばこれですよね。

パターンB

 輸出版のDISK BASICであるSP-6015のマニュアル表紙に採用されたものです。

ソフト
SP-6015

 よく見ると雲じゃなくて、欧州・北アフリカ・北米・北部南米といった、輸出先の地形が見えてるのですね。なるほど向け先に合わせて絵を変えてるのかと思いきや、SP-6115はSP-6010と同じだという…。

パターンC

 MZ-80K/C用倍精度DISK BASICのSP-6110のマニュアル表紙に採用されたものです。

周辺機器
MZ-8BIO1 MZ-8BIO3 MZ-8BP4R MZ-8BK
MZ-8BFI MZ-8BFC MZ-1R02 MZ-1R04
ソフト
SP-6110 MZ-8BD03 MZ-1Z004 MZ-1Z005
MZ-2Z003 MZ-700SOFT   
消耗品
MZ-3500のマスターディスクの箱
MZ-6F01 MZ-6T01    
その他
MZ-80活用研究 価格カード(MZ-80B)

 結果的にこの絵とそのバリエーションがずっと使われるようになりました。「MZ-80活用研究」は工学社刊・電波新聞社刊の両方の表紙にこの地球の絵があります。三角形に地球と「MZ-80」の組み合わせはどちらの本も同じですからシャープから提供された絵なのでしょう。DISK BASICのマニュアル以外に使われていない時代なのに、なぜどちらの本にもこの絵があるんでしょうね?

パターンD

 パターンCの左右反転バージョン。箱に地球の絵が描かれるようになった、MZ-80Bが最初だと思われます(MZ-80B以前の発売であるMZ-80SFDにも地球の絵があるのだが、途中からデザインが変わった可能性もあり、最初かどうかは保留中)。

本体
MZ-80B MZ-80K2E MZ-80A  MZ-1200
MZ-2000       
周辺機器
MZ-80SFD MZ-80BF MZ-80KP5 MZ-1D05
MZ-1D06 MZ-1D15    

 背景ごと左右反転したんですね。わりとお手軽なパターンの水増し。

パターンE

 パターンCを15°ほど左回転したもの。

本体
MZ-700 MZ-2200 MZ-1500 MZ-800
MZ-2500      
周辺機器
MZ-1C26 MZ-1C34 MZ-1D22 MZ-1E04
MZ-1E30 MZ-1E32 MZ-1F07 MZ-1F11
MZ-1M04 MZ-1M08 MZ-1M10 MZ-1M11
MZ-1M12 MZ-1P07 MZ-1P08 MZ-6P09
MZ-1P09 MZ-1P16 MZ-1R12 MZ-1R18
MZ-1R26A MZ-1R28 MZ-1R29A MZ-1T01
MZ-1T02 MZ-1T04 MZ-1U06 MZ-1U08
MZ-1X03 MZ-1X22    
ソフト
MZ-4Z001      
消耗品
MZ-6F05      

箱に地球の絵がないもの

 本来リストアップしておく意味はありませんが、上記リストに含まれないものを参考として挙げておきます。

本体
MZ-80K MZ-80C MZ-80K2  
周辺機器
MZ-80I/O MZ-1C18 MZ-1E29  
ソフト
ADPP      

絵の色調について

 時代によって、色調の傾向があるようです。

 箱にどれだけコストをかけられるか…という話で、MZ-1C34のように「型番の部分が白くなってて大きさが合えば何に使ってもよい」とかMZ-1E29のように「装飾やめた」みたいな時代だと絵も単純化されるようですね。

展示品一覧に戻る