MZ-1F11
(クイックディスクドライブ)

 今じゃ信じられないでしょうけど、フロッピーは高嶺の花だったのです。ドライブはもとよりメディアのほうも。まぁドライブは高いけど一度買えばあまり増やさなくてもいいですよね。でもメディアはそうはいかない。当時2Dの320KBという容量はそれはもう広大なものに思えたものですが、使い勝手の点からしてどうしても目的別に複数枚のディスクを使い分けたくなるもの。ところが、ある程度安くなっても1枚千円はくだらなかったのです。一箱じゃなくてですよ。「大人買い」なんて言葉は当時なかったですけど、大人でもそう何枚も買うのははばかられた値段でしたね。
 そこにさっそうと現れたのが、QDことクイックディスク。メカをミツミが、メディアを日立マクセルが開発して、それをシャープが初めて製品に採用するというぐあいで登場しました。なにせ、メディアが1枚450円ですからね。両面あわせて128KBと考えれば1350円の2Dフロッピーよりもビット単価は若干安くなりますし、IPLブートするソフトを1枚で二つ収録できて経済的だし、ロードが速い!となればそりゃもう猛烈に憧れるってもんでしょう。

 MZ-1500に採用されたあと、MZ-2000/2200やMZ-700にもオプションで供給されるということで、雑誌などではX1用のドライブを切望する声がありましたね。Oh!MZでのX1turbo緊急特集記事に、QDを搭載するという「X1E」なるリーク情報(?)も紹介されるなど、私でなくとも憧れていた人は多かったようです。結局は他のメーカーの追随が弱くて(なかったわけではないんだけど)、ほとんど発展しなかったんですけどね。

 MZ-2000では、QD起動にすると32KBまでというブートのプログラムサイズの制限がなくなります。これを利用して、2段ロードしていたプログラムを結合して一発ロードに改造することができました。MZ-1M01のシステムは2段と言わずかなり複雑なロード形態をとっていたのですが、その改造方法が雑誌で紹介されてからは楽々ブートできるようになりました。




 外付けドライブの全景。MZ-1500に使われた内蔵ドライブと中身は同じで、MZ-700では内蔵としても使用できるようになっています。左下の白いのは保護用シート。ケーブルの先は、角型ヘッダになっています。



 フタを開いたところ。中央とんがっているのが回転軸です。そのとんがっているのから少し右に寄ったアーチ型の白い線がありますが、これがヘッド。見た目はカセットテープなんかのヘッドとよく似ています。実際技術的にはカセットテープ並みですむようにして、全体の価格を下げる効果を狙っています。



 背面に見えている白いコネクタは、MZ-700でMZ-1T01の代わりにMZ-1F11を載せた場合に、MZ-1T01を接続するためのもの、のカバーです。端子の機能としては基板上についているのと同じですね。接続すると内蔵だったはずのMZ-1T01が外付けとなります。

クイックディスクに関するメモ

 MZ-1500で世に初めてお披露目されたと言って過言ではないほどのクイックディスク(QD)ですが、ファミコンのディスクシステムに採用されたことがあだになったこともあって、尻すぼみな結末を迎えたのはご存じの通り。ですが当時は媒体の安さゆえ熱狂的にも見えるほどの注目を集め、X1シリーズにも対応させてほしい!という声が雑誌などでもよく紹介されていました。

 一般ユーザーからはMZシリーズとファミコンに採用されただけの印象が強いですが、注目していたのは他メーカーも同様で、そのドライブユニットの価格の安さから手軽に高速な外部記憶装置として採用する動きがいくつもありました。
 その中でちょっとした広がりを見せたのが音楽メーカーです。作成したデータを保存するメディアとして、もちろんその前はカセットテープだったのですが、内蔵または後付けオプションとして発売したところがあったのです。私は当時はその方面に疎かったこともあり全然知らなかったのですが、後にDTMと呼ばれるジャンルを嗜んでいた人には常識だったようです。

 今頃調べてるのでマイナー機種なんかを落としてるかもしれませんが、QDを採用した機材には次のようなものがあったようです。

メーカー 型番 備考
1985 AKAI S612 サンプラー
1986 Korg SQD-1 MIDIレコーダ
Roland S-10 サンプラー
MKS-100 サンプラー
1987 AKAI S700 サンプラー
X7000 サンプラー
Korg SQD-8 MIDIレコーダ
Roland S-220 サンプラー
PR-100 ミュージックレコーダ
YAMAHA MDF1 MIDIデータファイラー
EMQ-1 ディスクレコーダ
1988 Roland MT-100 デジタルシーケンサー/音源モジュール

 今のところAKAIのサンプラー・S612が最も早く採用した機材だったようですが、実際には専用オプションのMD280がQDドライブで、どうもStudio-Oz氏のブログ「S612、MD280のクイックディスクドライブを修理してみる!♪ [akai]」を見る限りMZ-1500なんかのドライブと同じものが使用されていたようです。トップローディングタイプは1986年の製品まで続き、ファミコンのディスクシステムのようなフロントローディングタイプになるのは1987年の製品からみたいですね。
 当然ながら、メーカーはそれぞれのユーザーのために純正のブランクメディアを提供していました。とはいえ新たな規格参入メーカーが現れなかったQDですから、おそらく全て日立マクセルのOEMだったと推測されます。

 AKAIのS700はベルト径がファミコンのディスクシステムと同じだという情報もいただきました。どのみちミツミしかドライブを製造してなかったでしょうから、フロントローディングタイプのドライブはシャシーやその他設計に共通したところが多かったかもしれません。

 じきにMIDI機器もエクスクルーシブデータやサンプリング周波数の高速化などでデータ容量が増大し、1ファイル最大64KBのQDでは使いづらくなり、FDやメモリカードへ移行することになったわけで、QDがメディアの中心にいた時代もほんのちょっとの期間しかなかったのでしょうね。

所蔵品一覧に戻る