MZ-1E14
(MZ-700用QD I/Fボード)




 MZ-1500でデビューしたQDをさらに普及させるためMZ-1F11という後付けドライブも発売したわけですが、それをMZ-700に接続するためのI/Fボードです。
 写真手前側をMZ本体のバスコネクタに、反対側にQDから延びるケーブルを接続します。



 裏返してみたところ。奥側に白いものがついていますが、バスコネクタに接続した時、ぶら下がって重しにならないよう足がついているのです。
 中身はこんな感じ。QDはI/Fの大部分をドライブに収めてしまってますので、ここにある回路の大部分はブートROMのデコード用だったりします。

 なお、バスコネクタには電源が出てないので、この回路はQD経由の電源で動作することになります。MZ-2000なんかに接続する場合と電流の流れが逆になっちゃうんですね。QDはデータレコーダ(MZ-1T01)の白いコネクタから電源をもらいますので、どうしてもデータレコーダを外す必要があり、またそれゆえにQDドライブをデータレコーダの代わりに装着する設置方法しかとれないことになっています。そのスタイルってかなり不格好なので、単純に外付けにするような接続ができれば良かったんですけどねぇ。

 QDはメディア価格が安いということでターゲットは若者ということになっていたのでしょう、通常I/Oボックスを経由する拡張方法ではなく、拡張バスコネクタに直接差し込むということになっています。つまり、そういう部分にメリットを見いだすような人は、拡張I/Oボックスは買ってないだろうという判断ですね。

 しかしながらやっぱり当時からこのボードがバスコネクタを占有することについて悩む人はいたようで、Oh!MZ誌にこのボードをI/Oボックスに収めることに成功したぞ!本当だぞ!!と叫ぶ投稿をする人がいたなど、後々のシステムアップ時の問題となりました。まぁようやくお金が貯まったので念願のFDDを購入した!→QDと排他接続なのでFDへの転送は一旦テープを経由しないといけなくて面倒、というようなことは容易に想像がつきますからね…。

 実はブートROMのアドレスはFDのとずらしてある($E800〜)ので、本来併用することはできるはずなんです。たいした回路ではないのですから、ユニバーサルボードにICを並べてROMをこいつから移植すれば比較的容易にI/Oボックスに収納することができるでしょうね。


QD ROMモニタの隠し機能

 MZ-1E18とは違い、MZ-1E14のROMはブートするだけじゃなくてMZ-700の標準モニタである1Z-009A(輸出版は1Z-013A)を拡張します。BASIC 5Z-006のマニュアルには次の2つのコマンドの説明が掲載されています。

 しかし、ROMの中身をよく見てみるとそれだけではないことがわかります。モニタコマンドの拡張といっても処理の多くをQD ROMルーチンでまかなっていますし、隠しコマンドもあったりします。

 そして、マニュアルには従来のコマンドは「すべて使用可能です」とあるのですが、その文言にぬかりはなく…なんとFコマンド(フロッピーからのブート)もサポートされています。MZ-1E14がバスコネクタを占有してFD I/Fを接続できないにもかかわらず、です。さらには、I/Fの存在を前提にリセット直後はまずQDではなくFDからのブートを試みるようにもなっているのです。FD→QD→モニタプロンプト、と遷移するようになっています。そして起動の順序を制御できるよう、Qを押しながらリセットするとFDブートをスキップし、Mを押しながらだとモニタプロンプトに直接移行するようにもなっています。

 つまりこれは、拡張スロットに挿入するタイプのQD I/Fボードを発売する可能性があったということではないのでしょうか? よほど奇妙な手法でない限り、純正品にて機能拡張する手段は拡張I/Oボックス(MZ-1U03/1U08)経由しかないわけですしね。

 なんとももったいない…と思うのは中古などで入手したりエミュレータやFPGAで実装できる今だからこそで、当時はやはりそれだけのものを買うのは大変なわけで…。まぁせっかく作ってあったのに活用できる人がどこにもいなかったのは残念でしたね、というお話でした。

所蔵品一覧に戻る